くせ毛の髪質改善に効果のあるシャンプーおすすめベスト5!

雨の日アレンジ10

こんにちは!

Tomoです☆彡

くせ毛にはまず毛質改善が一番!ってよく聞くけれど、実際にどのヘアケアを使ったらいいのか、選び方って難しいですよね。

今回はくせ毛の毛質改善に効果があるといわれるシャンプーをランキング形式で紹介していきますね。

 

くせ毛に悩んでいる女性は参考にしてみてくださいね。

あなたにぴったりのシャンプーが見つけてくださいね。

第5位 無添加オーガニックシャンプー『ハーブガーデン』

くせ毛改善シャンプー
出典:http://usuge-shampoo-jyoseiyou.com

『さくらの森・ハーブガーデン』はオーガニックハーブと植物エキスを使用した敏感肌の人にも嬉しい、肌に優しいシャンプーです。

このシャンプーの特徴は、オーガニックなので、髪に害を与える科学性の成分が入っていないところ。

科学性成分とは以下の5つ。

  • 石油系界面活性剤
  • ラウリル硫酸
  • 合成着色料
  • 防腐剤
  • 合成香料

ハーブガーデンシャンプーにはこれらがまったく含まれていないので、お子さんにも安心して使えるところがいいですよね。

肌をアルカリ性にする成分、界面活性剤が含まれていないので、綺麗でツヤのある髪を作る事ができます。

アルカリ性のシャンプーやトリートメントを使用していると、頭皮がアルカリ性に傾き、老廃物が出にくくなり髪を圧迫してクセ毛になる場合があります。

シャンプー2

第4位 『mogans』

くせ毛改善シャンプー2
出典:http://fitefite.seesaa.net

植物由来のアミノ酸シャンプーで有名な『mogans』。

今話題のノンシリコンシャンプーです。

頭皮をアミノ酸化にしてくせ毛を直す。これが『mogans』のコンセプトです。

くせ毛の毛質改善に効果があるといわれているアミノ酸成分が19種類も配合されていますので、かなり効果が期待できますね。

それに多くの雑誌、メディアでも取り上げられている実力派シャンプーとなっています。

2016-07-11_01h57_01
出典:http://mogans.jp/trialkit/

シャンプー2

3位・アミノ酸シャンプー『アロマのやさしさ』

くせ毛改善シャンプー3
出典:http://kireininarou.biyoukenkou-bilog.com

こちらのシャンプーもアミノ酸にこだわった良質なシャンプーですね。

このシャンプーはコーティング剤を使わないので、頭皮にも負担がかからないところが嬉しいですね。

配合成分に関しては、髪に潤いをもたらす『ホホバオイル』がふんだん使用されています。

ローズマリーやラベンダーオイルも使われているので、香りの良さも人気の秘密ですね。

使われているオイルも全て植物由来なので、肌にも髪にも優しいシャンプーです。

 

シャンプー2

第2位 クイーンズ バスルーム

くせ毛改善シャンプー4
出典:http://fanblogs.jp

大人気シャンプー・クイーンズバスルーム。

ボトルもすごくおしゃれですよね。

このシャンプーの特徴は、水の力を借りてくせ毛を改善できること。

くせ毛の最大の原因ともいえる髪の水分不足を改善してくれること。

その乾燥した髪に『水』を与える事で、乾燥でうねった髪を整えて、まっすぐで綺麗なツヤ髪を作る事ができます。

レビューも非常に多く、その効果の高さが伺えますね。

シャンプー2

1位・美しい髪を育む『CA101』

くせ毛改善シャンプー5
出典:http://usuge-shampoo-jyoseiyou.com

第1位は『CA101』。

美しい髪になるとくせ毛改善のためだけに作られた最強のシャンプーです。

CA101』の使って欲しい人はこんな人です。

  • ボリュームが無くなった
  • うねりが強くなった
  • 抜け毛が増えた
  • 分け目が目立つようになった

これに当てはまる女性は特に『CA101』がオススメですね。

くせ毛だけではなく妊娠中の抜け毛やエイジングによる髪のトラブルにも効果があるところが人気ナンバーワンの秘密。

これはシャンプーの常識ですが、ノンシリコンシャンプーなので、頭皮や髪に優しいです。

保湿成分も十分に配合されているので、頭皮が乾燥してフケが出やすい人にも安心して使ってもらえます。

2016-07-11_02h07_37 シャンプー2

まとめ

くせ毛改善シャンプー6
出典:https://twitter.com/

いかがでしたでしょうか?

今回はくせ毛のもう質改善に効果があると人気のシャンプーベスト5でした。

くせ毛を直すにはまず絶対シャンプー選びから♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Tomoでした☆彡

 

この記事を読んだあなたにおすすめの記事はこちら

 

スポンサードリンク